ロープに輪をつくる

もやい結びは、結ぶのも解くのも簡単で強固、高い信頼性と安全性を兼ね備えており、用途も幅広いことから「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結びのひとつです。

▲できた輪にかかる力の方向によっては、結び目が解けてしまうという欠点がある。

 

動画をアップしました! どうぞご覧くださいませ! ⇓⇓⇓



 元の部分を交差させ、輪をつくる



 交差させるロープの上下に注意






 動端を輪の中に下から通す







 動端を元の下に通し、最初につくっ
 た輪に通す








 動端と大きい方の輪をいっしょに持
 ち、元を持って左右に引き結び目を
 締めて完成

トラックのロープワーク


トラックに積み込んだ荷物を固定させるための基本的な縛り方。
強く締めこむことが出来て、解くのも簡単なのが特長。
また、簡単に増し締め出来るので、長時間の運搬などでは、途中で増し締めするとよい。
万力結び、南京結び、機械締めの他、各地方でいろいろな呼び名があるようだ。

IMG_00021.jpg



IMG_00032.jpg

最初にロープの一方をトラックのフックに固定しておく。
縛り代を多く取るために、なるべく高い位置で右手で輪を作る。



IMG_1.jpg

輪を作った部分のさらに上の部分を左手で持ち、右手で握っている輪の根元部分に2回巻きつける。


IMG_00061.jpg

巻きつけた状態。巻きつけると左手側にも輪が出来ている。



IMG_000711.jpg

左手側に出来た輪を一度反時計方向にねじり、右手下の部分のロープをねじった輪に通す。



IMG_0011211.jpg

ねじった輪に通した部分のロープをさらに引いて輪を大きくし、トラックのフックに輪をかける。



IMG_001311.jpg

右手に持ったロープを下方向へ引いて締める。締める力は、積んでいる荷物により加減する。




IMG_00142.jpg

締め込んだらロープの端を一度フックに掛けて引き、B部分のロープを二つ折りにしてトラックと締め込んだ3本のロープの隙間に通す。



IMG_001512.jpg


IMG_001611.jpg


IMG_001811.jpg

B部分をもう一度フックに掛け、ロープを引き締めて完成。
この最後の処理は、止め結びを使ったものなど、何通りかあるようです。



IMG_00191.jpg



南京結びの詳しい結び方をアップされている動画があります⇓⇓⇓


釣り糸の結び方(ルアー)


シーバスフィッシングの名手、シマノ・インストラクターでもある、
鈴木 斉氏 推奨ノット。

ショアキャスティングのシーバスから、近海オフショアのキャスティング、ジギングまで対応できる、強度の高いノットです。

シマノTVでも、鈴木 斉氏ご本人が結び方を丁寧に解説していらっしゃいます。

シマノTV ラインシステムを作る2はこちら⇒









 ショックリーダーを2回くぐらせ、輪をつくる




 PEラインを40cmほど折り返して、ダブルにする




 リーダーの短い方向から2回PEラインを絡め通す




 リーダーの両端を50%程度の強さで仮に締める




 写真の矢印部分の輪を残し、2本のPEラインをリーダーに10回巻きつける




2本のPEラインの端を輪の中へ通し、リーダーと2本のPEラインを引いて結び目を締める




 リーダーとPEラインの結び目がくっついたことを確認して、PEラインを5ミリ、リーダーを1ミリ程度残してカットする


釣り糸の結び方(ルアー)


慣れれば1分30秒! 未常識のヒラメ釣りメソッド 柏木 晃氏考案、2014年公開の最新ノット。

今回は、最近主流のダブルラインを用いない「摩擦系ノット」で、ラインを歯で咥えることもなく、アシスト器具を使わないでもノットが組める、初心者にも簡単なノットです。

言うまでもなく、その強度は半端ないです!

動画更新!さらにわかりやすくなっています!↓↓



柏木氏のホームページで、詳しく図解解説もしていらっしゃいます。

柏木氏のHP 未常識のヒラメ釣りメソッドはこちら

ヒラメDS



柏木氏のyoutubeでも紹介されている、編み込み時に使用すると便利なアイテム「ノットアシスト」ですが、当サイトでも紹介しているtoolの「システム・ステッィク」も同じように使え、ヒゲなしノットにも使用すると、より楽にノットが組めると思います。もちろん、FGノットにも最適です。

DSC_0005

人差し指から小指までの長さにシステムステッィクをセット

DSC_0006

人差し指と親指で輪を作ると、こんな感じ

DSC_0007

これで編み込めば、指も痛くないし、ラインの無駄も少なくて済みます。ぜひ、使ってみてください!!


結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!