ロープに輪をつくる


登山でよく使われる結び。
ロープを伸ばしたままで結ぶことが出来て、いくつも輪を作ることができる。

名前の由来
一本のロープで複数の人を結び合い、互いに安全を確保しあうことを、登山用語でアンザイレンといいます。
そのパーティの中間にいる人を結ぶときに使われたことから、この名がついたといわれています。

DSC_0057


DSC_0054
まず、端側が元の下で交差する輪を作る。

DSC_0055
次に、端側が元の上で交差する輪を、先ほどの輪に重ねる。真ん中に小さな輪が出来ている。

BlogPaint
黄色の丸印の部分を持って、真ん中の小さい輪(黄色の矢印)に通す。

DSC_0056
輪を引き締めて、完成。

ロープを張る


自在結びは張り綱結びともよばれ、2つの結び目をスライドさせることで、ロープを張ったり緩めたり、テンションの調節ができるロープワークです。

ひと結びを4回行うことでできる、簡単な結びです。

アウトドアで木と木の間にロープを張る時や、テントやタープの張り綱をペグや木に結ぶ時などに重宝するロープワークです。

 

DSC_0037


DSC_0038
ロープを木などの結びつける物に回す(反対側は、巻き結びなどで立ち木などに結んであるとする)


DSC_0039
適当な位置でひと結びを行う


DSC_0041
少しはなれたところで、もう一度ひと結びを結ぶ


DSC_0047
動端を元に手前からくぐらせ輪に通し、元にひと結びを行う(ひと結びの結び目が二つ並ぶ)


DSC_0048
結び目を締めた状態


DSC_0044
結び目のとなりにもう一回ひと結びをして、結び目をくっつけて完成

DSC_0045



DSC_0046
2つの結び目をスライドさせて張り具合を調節する。ロープを張る時は、左手に持った結び目を固定して、右手に持った部分を右に引っぱると張りやすい。緩める時は、結び目を右に移動させる。

キャンプのロープワーク


張り綱の長さを調整したい時に便利な結び。

両側から引っ張られている限り緩まない。

DSC_0033

BlogPaint
結びを行いたい部分にひとつ輪をつくる。輪の交差部分の上下に注意。


DSC_0030
同じようにもう二つ輪をつくり、写真のように重ねる。


BlogPaint
まん中の輪を左右の輪に通して長さを調整する。


DSC_0031
まん中の輪を左右の輪に通すとこんな感じ。つまんでいる輪はあまり大きくしないでもよい。


DSC_0032
左右を引き締めて、完成。


ロープで物を引き上げる


ねじ結びを応用した、ロープで長尺物を引き上げるときに便利な結び。

DSC_0022



DSC_0018

全体の長さの3分の1あたりにひと結びする


DSC_0019

ロープの端を、ひと結びでできた輪に通す


DSC_0020

同じ方向に3回程度巻きつけねじ結びを行う


DSC_0021

反対側の、長さの3分の1あたりにひと結びを行って完成


DSC_0023

引き上げるものの長さによっては、中間に一度ひと結びを行ってもよい



結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!