釣り糸の結び方


針にハリスを結ぶのは細かい作業なので、結構面倒なものです。今回紹介するのは、外掛け結びがすごく簡単に、スピーディーに結ぶことができる、ファジーから発売になっている「スピード針むすび」です。
007

慣れれば1本10秒でくらいで結べるというこの針むすび器、軽量コンパクトで詳しい説明書付です。
また、ファジーのホームページでも使い方の説明動画が見られます。
006


チヌ針3号にハリス1.5号で結んでみました。慣れていなくても、20秒くらいできれいに結べました。
008


あらかじめ仕掛けをたくさん作ってフィールドへ出かける方には、超おすすめです。
ファジー スピード針むすび・標準用

ファジー スピード針むすび・標準用
価格:1,606円(税込、送料別)


釣り糸の結び方


ソルトルアーフィッシング界のパイオニアである、プロアングラーの村越正海さん監修のもと開発された、ファジーから発売されている「村越正海の簡単リーダー結び」を使用して、PRノットを結んでみました。
001

とても分かりやすい説明書が付いています。また、。ファジーのホームページには、使い方を丁寧に説明している動画も見られます。
002

細いラインを結束するときは、ボビンに付いているマグネット式のウエイトを外して使います。
003


今回は、PE0.6号にフロロ1.5号のリーダーを結束してみました。
005

写真の写りが悪いですが、見た目にもきれいに仕上がりました。


使用してみた感想ですが、使用するラインが0.8号以上なら割と簡単に結束でき、ラインが細くなればなるほど巻き付けが難しく感じました。巻き付けがうまくいけば、巻き付け部の長さも調整が簡単で、非常にきれいに仕上がります。

手順自体はややこしくないので覚えやすく、なにより確実に結束出来たかが一目瞭然で判別出来るので(うまく結束出来ていなとハーフヒッチの段階でほどけてくる)信頼性の高いノットが誰がやっても同じように出来ると思います。

ノットが苦手な私もおすすめの製品です。


ロックフィッシュ

ロックフィッシュは根魚と呼ばれ、テトラ際や岩礁帯、ゴロタ石場などの岩陰に潜んでいるフィッシュイーター。
冬の釣りのターゲットとしても人気があり、専用のラインやロッドも発売されています。

     
【メバル】 フサカサゴ科 メバリングというジャンルもつくってしまった人気のロックフィッシュ・ターゲット。大きいものでは35cmを超えるものも。一年中釣れる。


     
【アイナメ】 アイナメ科 地域によってはアブラコやアブラメとも呼ばれる。40cmを超える大物は「ポン級」と呼ばれている。厳寒期の釣物。


     
【カサゴ】 フサカサゴ科 冬から春が釣季。頭がデカくて身が少ないがおいしい。20〜30cm級が多い。


     
【キジハタ】 ハタ科 アコウとも呼ばれている高級魚。とくに関西では高く評価されている。美味。


     
【ベッコウゾイ】 体の模様が筍の皮のようなところから「タケノコメバル」とも呼ばれる。


ロックフィッシュが潜むポイントはテトラ際や磯の岩礁なので、根擦れによるラインブレイクなどのトラブルが多いもの。
そこでメインラインにチョイスされるが、フロロカーボンラインです。

フロロカーボンラインの最大の特長は、高強度=根擦れに強いことです。
また、高比重のためライトシンカーでボトムにすばやくワームなどを沈めるにも有利になります。


クロダイゲーム


桜の咲く季節になり、クロダイのノッコミも盛んになってきました。

黒鯛のノッコミ時期には、北陸方面、特に富山県ではホタルイカの「身投げ」と呼ばれる現象がたびたび見られます。
この「身投げ」現象は、普段は水深200〜600mもの深いところにいるホタルイカが、春になると産卵のため岸近くまで寄ってくることをいいます。

富山県では、海水浴場の砂浜に打ち揚げられたり(身投げといわれる所以)、漁港内にも寄ってきて、目の細かい網で捕らえることができます。

      

ホタルイカは黒鯛の大好物なので、エサ釣りの世界ではポピュラーなエサとなっていて、冷凍のホタルイカが年中使われているほどで、実績が高いエサといえます。

北陸方面でホタルイカルアーの実績が高いのも、うなずけますね。

【ホタルイカの生態】

学名: Watasenia sintillans(BERRY)
英名: FIREFLY SQUID
地方名: 富山県・・・マツイカ・コイカ

名付け親は、東京大学教授の渡瀬庄三郎博士で、ホタルイカの学名は博士の名前にちなみ「ワタセニア・シンティランス」と命名される。

全身が青白く光りとても神秘的なイカ。
光る理由は、身を守るためや身を隠すためと考えられている。

日中は沖合の200m〜400mという深海に棲み、夜間に海面近く、しかも3〜5月には陸近くまで上がってくるのは産卵や餌生物を追うためといわれている。

ほたるいかの寿命はほぼ1年。
孵化するまでに必要な時間は富山湾の場合だいたい2週間程度、その後成長をつづけ、翌年2月頃には交接シーズンを迎え、再び4〜5月頃に産卵し、その一生を終えると考えられている。


結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!