トップページ釣り糸の結び方(ルアー)鈴木ノット (フィッシャーマンズ・ノット)

釣り糸の結び方(ルアー)


シーバスフィッシングの名手、シマノ・インストラクターでもある、
鈴木 斉氏 推奨ノット。

ショアキャスティングのシーバスから、近海オフショアのキャスティング、ジギングまで対応できる、強度の高いノットです。

シマノTVでも、鈴木 斉氏ご本人が結び方を丁寧に解説していらっしゃいます。

シマノTV ラインシステムを作る2はこちら⇒









 ショックリーダーを2回くぐらせ、輪をつくる




 PEラインを40cmほど折り返して、ダブルにする




 リーダーの短い方向から2回PEラインを絡め通す




 リーダーの両端を50%程度の強さで仮に締める




 写真の矢印部分の輪を残し、2本のPEラインをリーダーに10回巻きつける




2本のPEラインの端を輪の中へ通し、リーダーと2本のPEラインを引いて結び目を締める




 リーダーとPEラインの結び目がくっついたことを確認して、PEラインを5ミリ、リーダーを1ミリ程度残してカットする


トラックバックURL
この記事へのコメント
6. GONTA   2016年10月03日 13:22
はじめまして。
ライブドアブログのランキング記事からこちらにお邪魔しました。

私はこれまで、シーバス用なら摩擦係のFGノットが最強だと思って使ってきましたが、摩擦係ノットの泣き所である、ノット直後のすっぽ抜けの心配は何年経っても無くならずにいました。

このノットなら、基本はすっぽ抜けはありませんね。
強度も問題ないようですので、ぜひ使ってみたいと思います。

こちらの記事にリンク貼らせて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。
5. ゆり   2013年08月23日 17:08
5 必要充分な機能と質感です。満足しています。
4. 美香さん   2013年07月18日 17:08
5 勉強しました。
3. たけと   2007年09月24日 22:04
こんばんは。
早速返信していただいて、
ありがとうございます^^

早速紹介したいと思います^^
2. heero   2007年09月24日 18:40
たけとさん、コメントありがとうございます。
鈴木斉さん考案のこの鈴木ノットは、いくつかの釣り関連書籍で、結び方が公開されています。
覚えやすく、結び目がしっかりしたとても良いノットだと思います。
簡単で強いノットを求めているアングラー達のために公開されていると思うので、たけとさんのブログでも紹介されたら良いと思いますよ。
1. たけと   2007年09月23日 20:02
こんばんは、heeroさん。
初投稿、になります。
よろしくお願いします。
鈴木ノット、最近使用しているのですが
、とても良い結びと思います。
簡単で、強度のムラも少ないです^^
もし、良ければ、今度この結び方
ブログに掲載したい、と思ったのですが
よろしいでしょうか?
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!