トップページ過去記事フロロカーボンラインの特長

過去記事


フロロカーボンラインは、細い原糸が寄り集まったようなイメージで、まわりに表面コートが施されています。

フロロカーボンラインの特徴は、比重が割と重いので沈みこみが早い、根擦れに強い、高感度、伸びが少ないなどがあげられます。
ナイロンに比べてライン自体に張りがあり、伸びが少ないのもフロロの特徴です。
そのため、メインラインとして使用するには使いづらいとされていましたが、最近ではある程度しなやかさをあわせ持つメバリングやロックフィッシュ専用ラインも発売されています。

     
    デュエル DUEL ロックフィッシュフロロ 70m/12Lb
テトラや岩場、堤防基礎部分でも安心の強度と耐久性を実現
マイナス温度でもフロロカーボンのごわつきを排除


      
  クレハ(KUREHA) リバージ R−18 フロロリミテッド 100m 8lb クリアー
呉羽のルアーブランド「リバージ」シリーズ最高級ライン
高強度としなやかさを兼ね備えたスピニングリール対応モデル



沈み込みがナイロンラインよりも早いので、エサ釣りのハリスにもよく使用されます。
また、根擦れに強いのでショックリーダーにも向いています。

      
     サンライン トルネード Vハード 1.5号 50m
  フロロカーボンハリスのパイオニア的存在

      
  デュエル DUEL シーバスリーダー 50m 20Lb〜25Lb
切った所で糸がとまり、紫外線をカットするジャストストッパー機構を標準装備



バスフィッシングではスタンダードなラインとなっているようです。

     
   メガバス(Megabass) DRAGONCALL 12lb
バスといえばやっぱりメガバス
しなやかで高感度な新世代フロロカーボンライン


投げ釣り用フロロラインも発売されており、フロロの特徴である高比重によって飛距離アップが期待できます。

     
デュエル DUEL ストレートスライダー ソフトフロロキャスト4C 200m/3号 4色染め分け
低伸度・柔軟性などあらゆる性能を「投げ」へと特化させた新感覚のフロロカーボンライン




トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!