トップページ過去記事ラインはなぜ劣化するのか?

過去記事


ラインが劣化する3大原因は、ヨレ、こすれ、紫外線といわれています。

こすれ劣化…
岩場や消波ブロックまわりなど、水中の障害物にラインが当たることによってこすれたり、ミスキャストやラインを巻き戻した時に堤防の角などにこすれることも多い。

ラインに直接キズが付き、場合によっては切れてしまうことも。
特にPEラインは、根ずれ時の摩擦熱にめっぽう弱いので注意する。


ヨレ劣化…
スピニングリールの宿命である、ラインのヨレ。

ラインがヨレた状態で引っぱると、ライン同士がこすれあってキズになったり、バックラッシュを起こしたりとトラブルが多くなる。


紫外線劣化…
日中の海釣りでは、紫外線による劣化も大きな原因に。

ラインには通常、紫外線に強いコーティングが施されていることが多いが、何回も使用していくうちにコーティングがとれて、紫外線の影響をモロに受けてしまう。


その他、ナイロンラインではキャストを繰り返すだけで伸びたり、水を含んで伸びたり、海釣りでは海水による塩分や砂によって劣化が進む場合があります。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!