トップページ過去記事エギングロッド選び

過去記事


ここ数年は、メーカー各社から非常に多くのエギング専用ロッドが発売されています。

ロッドの性能の進歩も、目を見張るものがありますが、初心者には選択肢が多すぎて選ぶのが大変になっているようです。

初めての一本を選ぶのであれば、一年を通して使える汎用性の高いモデルがおすすめです。

近年、エギングのスタイルは多様化していて、大物を狙うためのかなりハードなロッドや、小さなエギの操作性に優れたやわらかいロッドなど、使用目的別モデルが充実しています。

しかし、初めての一本を選ぶなら、時期や場所を選ばずに使えるロッドをチョイスするのがコツです。

エギング専用ロッドの特長は、軽量でバット(ロッドの手元側)パワーが強いことです。

これは、シャクリというエギング独特のロッドアクションが行い易いように、設計されているためです。

また、ガイドも専用設計のものが多く用いられています。

PEラインを使った「シャクリ」を行うと、ラインがロッドにまとわり付きやすいので、ラインがガイドに絡むトラブルを極力防ぐ役割を果たしています。

さて、最適なロッドの長さですが、あらゆるポイントで使用可能な8フィート前後がおすすめです。

このサイズならば、魚港内でも漁港の外側で遠投する場合でも、オールマイティーに使えます。

また、このサイズのエギングロッドは、クロダイゲームにも流用できます。

       
 メジャークラフト ライカル RE−862E


      
★新製品ダイワエギング竿★インフィートエクストリームEG83M


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!