トップページクロダイゲームノッコミクロダイの大好物、ホタルイカの身投げ現象

クロダイゲーム


桜の咲く季節になり、クロダイのノッコミも盛んになってきました。

黒鯛のノッコミ時期には、北陸方面、特に富山県ではホタルイカの「身投げ」と呼ばれる現象がたびたび見られます。
この「身投げ」現象は、普段は水深200〜600mもの深いところにいるホタルイカが、春になると産卵のため岸近くまで寄ってくることをいいます。

富山県では、海水浴場の砂浜に打ち揚げられたり(身投げといわれる所以)、漁港内にも寄ってきて、目の細かい網で捕らえることができます。

      

ホタルイカは黒鯛の大好物なので、エサ釣りの世界ではポピュラーなエサとなっていて、冷凍のホタルイカが年中使われているほどで、実績が高いエサといえます。

北陸方面でホタルイカルアーの実績が高いのも、うなずけますね。

【ホタルイカの生態】

学名: Watasenia sintillans(BERRY)
英名: FIREFLY SQUID
地方名: 富山県・・・マツイカ・コイカ

名付け親は、東京大学教授の渡瀬庄三郎博士で、ホタルイカの学名は博士の名前にちなみ「ワタセニア・シンティランス」と命名される。

全身が青白く光りとても神秘的なイカ。
光る理由は、身を守るためや身を隠すためと考えられている。

日中は沖合の200m〜400mという深海に棲み、夜間に海面近く、しかも3〜5月には陸近くまで上がってくるのは産卵や餌生物を追うためといわれている。

ほたるいかの寿命はほぼ1年。
孵化するまでに必要な時間は富山湾の場合だいたい2週間程度、その後成長をつづけ、翌年2月頃には交接シーズンを迎え、再び4〜5月頃に産卵し、その一生を終えると考えられている。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!