ロープを物に結びつける


船の係留などに使える、簡単な結び。

DSC_0013


DSC_0014

ロープを二つ折りにする

DSC_0015

そのまま杭に一回巻きつけ、元の下側を通す

DSC_0016

先端の輪を杭の上から通して、元を引き締めて完成

DSC_0017


船の係留や、キャンプなどで、テントやタープの張綱を木などに結ぶときに用いる、簡単な結び。

DSC_0001

木の幹や枝にロープを掛け、ロープの端を元側の上から垂らす(巻きつける)



BlogPaint

矢印のようにひねって、輪を作る。



DSC_0003

作った輪の下側から、ロープの端を通し、5cm程度出しておく。



DSC_0004

元を引き締めて、完了。



プルージック・ノット同様、ロープスリング(輪状になったロープ)を物に結びつけるときに使われる結び。
プルージック・ノットに比べて結び目全体に荷重がかかるため、ロックされる力が強く、より結び目が緩みにくい構造になっている。

登山のほか、キャンプでもランタンや小物をかけるなど、幅広く応用できる、簡単で便利な結び。

 



 ロープスリングを巻きつけるものに回す





 通常3〜4回巻きつける





 巻き終わったらA部分をBの輪に通す





 A部分を斜め下方向に引いて結び目を整え
 ながら締めて完成




 斜め下方向へ引くと結び目がロックされる





ロープスリングと呼ばれる一本のロープの末端同士を輪状にしたものを、フィックスロープと呼ばれる木や岩などの支点に固定したメインのロープに結ぶときに使われる、登山のために考案された結び。

結び目をずらしながら移動でき、荷重がかかると結び目がロックされて動かなくなるという特徴があり、岩場の登りや下りなどでの転落防止に使用される。

 



 Aの部分を結びつける物に巻きつけていく











 巻きつける回数は通常3〜4回ほど





 巻き終わったらAの部分を引いて締める
 結び目が回転して締まる




上の写真の矢印の向きに引くと結び目がロックされ動かなくなる



輪を引き締めても結び目がほどけることがなく、輪の大きさを変えられる結び方。
立ち木などにロープを結ぶことが出来る簡単な結び。


 



 動端を元の下から通して輪をつくる






 元の上から回して、下からさきほどの輪の
 中に通す





 動端の先端をAの輪に下から通す






 結び目を引き締めて完成

 元を引くと輪の大きさを変えられる



作業結びの代表的なロープワークです。

簡単に結べてしかも、しっかりと止まります。

 




 立ち木などにひと巻きして、ひと結
 びをする







 ひと結びした状態






 ひと結びからさらに3〜4回巻きつ
 ける






 元を強く引き締め完成






巻き結びにひと巻きを加えた、シンプルな結び方です。

ひと巻き多くすることで、巻き結びよりも摩擦力が大きくなり、結びの強度も高くなります。

 






 巻き結びを完成させる







 動端をもう一度巻きつけ、輪に
 通して結び目を締める





結ぶのも解くのも簡単で、実用性が高い結びです。
キャンプや登山、ヨットなど幅広い場面で活用されています。
長い棒状のものを束ねて縛るときなどにも役立ちます。

 




 結び付けるものに動端が下にな
 るようにロープを回す






 もう一度動端を回す









 回した時にできた輪に動端を通
 し、結び目を締めて完成





ロープを数回巻きつけてから、ふた結びをする強度が高い結びです。

ふた結びより、より強いテンションでロープが張れる。

 




 対象物にロープを2〜3回巻き
 つける







 ふた結びを行う





ひと結びを2回繰り返して、強度を高めた結びです。

アウトドアで、、木と木の間にロープを張ったり、テントの張り綱をペグや石、タープのグロメットに結ぶときなどに使用します。

◎結ぶことも解くことも簡単で、しかも緩みにくい。

 




 動端を元の下から回し、上から輪の
 中へ通し締める(ひと結び)







 もう一度ひと結びを行い、締めて
 完成





ルアーフィッシングの世界では「フリー・ノット」と呼ばれる、ルアーとラインを結ぶときに使われている、オーソドックスな結びです。

2つの結び目をつくり、これらを引き合わせてひとつの結びにします。

結び目は止め結びが2つ並んだ形になります。
 




 ロープの途中を交差させて輪をつく
 る






 動端に近い部分を2つ折にし、はじ
 めにつくった輪に下から通す






 輪と元を引いて結び目を締める







 動端を元にからませ、下へ通す







 元を巻き込むように止め結びで結ぶ







 元と輪を引き合い、結び目を移動さ
 せ締めて完成




結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!