ロープのまとめ方


仕上がりが美しく、見た目ほどむずかしくないまとめ方。

 



ロープを二つ折りにし、Aの輪を芯にする





元を芯にした輪に8の字をつくるように巻きつけていく










巻きつけていくと、末広がりの形になってい





Aの輪を確認しながらさらに巻いていく





巻き終わったらAの輪に端を2本とも通す






通したら上の輪を引いて結び目を締めて完成

















裏から見てもきれいにまとまる結び




折り返したロープを芯にし、残りのロープを巻きつけて棒状にまとめる結び方。
コンパクトに、きれいにまとめられる。


 



ロープを折り返して束ねていき、巻きつけるだけの長さを残す


折り返して束ねたロープを芯にして、残りのロープを芯に巻きつけていく

1回目はほどけ止めにロープを重ねる



すき間が出来ないようにキッチリと巻いていくと、きれいに仕上がる











巻き終わったら、端をハーフヒッチで止めて完成


簡単なロープをまとめる結び方。
引きとけ結びの形にしておくと、ほどくのも簡単。


 



ロープを輪に束ねてAのように輪をつくる







端を二つ折りにして、Aの輪に通す






結び目になる部分を持ち、二つ折りにした部分を矢印方向へ引き締めて完成



「引きとけ」にした固め結びです。

ロープをきれいにまとめておくことも、立派なロープワークのひとつです。

 





 ロープを輪状に束ねる







 ロープの端を2回巻きつける






 端を折り返して結び目に通し、引き
 とけ結びにして締める







 完成





使い終わったロープを保管する時の、基本的なまとめ方です。

ロープをまとめながら、傷の有無などを確かめて、次のロープワークに備えましょう。

 





 ロープを輪状に束ねる







 ロープの端を2回巻きつける







 1の輪に通して結び目を締める







 結び目を締めた状態



記事検索
結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!