キャンプ用具の基礎知識


ストーブというと暖房器具とおもわれがちですが、キャンプやアウトドアで使うストーブとは、家庭のガスコンロにあたるものです。

ストーブの選択の基準は、キャンプでどの程度の料理を作るかということになります。

家庭用コンロの感覚で凝った料理を作るのであれば、ツーバーナータイプの大型のストーブが便利です。

炭火を使うバーベキューがメインなら、ガスを使用するシングルストーブが1台あれば、コーヒータイムなどちょっと使いたい時に重宝します。

また、「食事は簡単に済ませればよい」というの場合も、シングルストーブ1台で十分です。

          
          ガソリン用ツーバーナーストーブ
火力の強さと2つのバーナーでさまざまな料理が可能で、燃料コストもガスに比べると安いが、点火までの手順が面倒で着けたり消したりするとは少々不便。ガソリンの取り扱いにも注意が必要。

          
          ガス用ツーバーナーストーブ
点火時の手間がかからず、微妙な火力調節もしやすくメンテナンスも楽だが、2つあるガスカートリッジの残量がわかりづらく、ノーマルガスの場合、量が減ってくると火力が落ちる傾向がある。
        
          
          ガス用シングルストーブ
軽量でコンパクト、寒冷地用カートリッジを使えば低温下でも火力が安定しているが、燃料コストはガソリンより高め。
ガスカートリッジは飛行機持込不可。



ランタンは照明器具として、使いやすく必要十分な明るさを確保すると同時に、キャンプシーンという自然の中での明かりの演出という役割があります。

ひとつの明かりが雰囲気を大きく左右するという意味で、ランタンは実用性と同時に、趣味も重視して選びたいものです。

ランタンは燃料や形式によって明るさや光線の色が違い、ショップで確認することは出来ないので、実際に使っている人やショップの店員のアドバイスなどを参考にしましょう。

キャンプではメインとサブの2台のランタンがあると便利です。

メインは固定し、サブを必要な場所に移動させながら使います。

        
        ガソリン用ランタン
光量が強く雰囲気はいちばんよいが、マントルの取り付けや空焼き、ガソリンの注入、ポンピングなど準備が面倒。ホワイトガソリンという専用の燃料を使用する。

        
        ガス・カートリッジ用ランタン
着火が簡単で、雰囲気のある光が出るが、マントルの取り付けと空焼きが必要で、ガスも同じメーカーの物が必要となる。燃料代はやや高め。

        
        電池用ランタン
蛍光灯が主流で、一酸化炭素中毒の心配がないのでテント内でも安心して使えるが、青白い光は雰囲気に欠ける。重いのも難点。

        
        キャンドル用ランタン
シンプルで壊れる心配がほとんどなく、少人数のキャンプでは雰囲気は最高だが、メインに使うには絶対的な光量不足。専用のろうそくを使う。



スリーピングバッグの下に敷いて使用するマットは、快適性を左右する重要なアイテムです。

マットがなければ、どんな優秀なスリーピングバッグでも、体の下の部分がペシャンコになって、地面の冷たさやデコボコが伝わってしまいます。

マットには、テントの床全体に敷くタイプのものと、個人用のものがあります。

個人用マットには素材や厚さ、全身用と半身用などいろいろな種類があります。

厚くて大きいものは快適ですが、収納時のサイズも大きくなります。

         

                 セルフ・インフレータブル
バルブを開けるだけである程度の空気が入り膨らみ、クッション性、断熱性にすぐれるが、穴が開いたら使い物にならない。値段も高め。


           

                     
  ウレタン(フォームタイプ)
断熱性がよく、耐久性も高いが、収納時はかさばり巻き癖が付く。


          

                        ウレタン(銀マット)
断熱性が高く安いので、手荒に扱っても惜しくないが、ヘタリが早く収納時はかさばる。



スリーピングバッグは、レクタングラー型(封筒型)とマミー型(ミイラ型)に大別されます。

前者は封筒のような形をしており、布団に近い感覚で寝ることができます。

これに対してマミー型は、体のラインにフィットしたデザインで、暖まった空気が逃げにくく、コンパクトなのが特徴です。

内部に詰められているインシュレーション(中綿)も、化繊綿とダウン(水鳥の羽毛)に大別されます。

化繊綿の特徴は少々湿気ていても保温性があり、洗濯や保管もあまり気を使わないで済み、値段も安めです。

一方、ダウンを使ったものは、同じ重さならより保温性に優れ、収納時はコンパクトになります。

ただし、化繊綿よりもメンテナンスに手がかかり、値段も高価です。

オートキャンプなら化繊綿入りのレクタングラー、マミー型は登山やツーリングなど荷物を減らしたい時、保温力が必要ならダウン入りを選ぶとよいでしょう。

            

          化繊入りレクタングラー



          

          化繊入りマミー型



         

          ダウン入りマミー型

         

キャンプ生活の快適さを大きく左右する、重要なアイテムのひとつのテント。

最近のテントは生地にナイロン、フレームにジュラルミンを採用することで、軽量で強度の高いものがほとんどで、一昔前の重くて風や雨に弱いといったイメージはありません。

テントの種類には家のような形のロッジ型テント、丸みを帯びたドーム型テントの2つに大別されます。

ロッジ型テントの長所は、広い居住空間を確保できるとことにありますが、重い、かさばる、設営に時間がかかるといった短所も目立ちます。

ドーム型テントはかなり合理的に作られていて、居住性ではロッジ型に引けをとるものの、それ以外の点では大変優れています。

最近ではドーム型テントもかなり大きなテントが登場していて、居住性の高いモデルも増えてきています。


  

    ロッジ型テント            ドーム型テント


その他、イモムシのような形で人ひとりが横になってやっと入れる程度の、超小型のシェルター型と呼ばれるものや、本体がオールメッシュという蚊帳のようなテントもあります。

 
   シェルター型             オールメッシュタイプ 



タープのつくりはシンプルで、一枚の布に支柱となるポール、そして固定する張り綱で構成されています。

タープの種類は布の部分の形で分類されています。

布の形が長方形のレクタングラー、五角形のペンタゴン、六角形のヘキサゴンなどがあり、四角形でも一対の角(対角)にポールを一本ずつ立てて使用するタイプはウイングと呼ばれるものに分類されます。

大きいモデルに多いのは、ポールを4〜6本使用するレクタングラーですが、広い空間を確保できる一方、風に弱いのが最大の欠点です。

逆にウイングタイプは、風をはらみにくいという特長がありますが、確保できる空間が小さくなってしまうという欠点もあります。

両者の中間的存在がペンタゴンやヘキサゴンで、最近ではこれらのタイプが主流になりつつあるようです。

このほかに、一辺を車に取り付けて使用するカーサイド・タープがあり、設営も簡単でポールをあまり必要とせず、車の脇に設営するので風にも強いという特徴があります。

 

    ウイングタイプ            ヘキサゴン


 
    レクタングラー          カーサイド・タープ


結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!