ロックフィッシュ

ロックフィッシュは根魚と呼ばれ、テトラ際や岩礁帯、ゴロタ石場などの岩陰に潜んでいるフィッシュイーター。
冬の釣りのターゲットとしても人気があり、専用のラインやロッドも発売されています。

     
【メバル】 フサカサゴ科 メバリングというジャンルもつくってしまった人気のロックフィッシュ・ターゲット。大きいものでは35cmを超えるものも。一年中釣れる。


     
【アイナメ】 アイナメ科 地域によってはアブラコやアブラメとも呼ばれる。40cmを超える大物は「ポン級」と呼ばれている。厳寒期の釣物。


     
【カサゴ】 フサカサゴ科 冬から春が釣季。頭がデカくて身が少ないがおいしい。20〜30cm級が多い。


     
【キジハタ】 ハタ科 アコウとも呼ばれている高級魚。とくに関西では高く評価されている。美味。


     
【ベッコウゾイ】 体の模様が筍の皮のようなところから「タケノコメバル」とも呼ばれる。


ロックフィッシュが潜むポイントはテトラ際や磯の岩礁なので、根擦れによるラインブレイクなどのトラブルが多いもの。
そこでメインラインにチョイスされるが、フロロカーボンラインです。

フロロカーボンラインの最大の特長は、高強度=根擦れに強いことです。
また、高比重のためライトシンカーでボトムにすばやくワームなどを沈めるにも有利になります。


結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!