ロープの連続結び


1本のロープに等間隔のこぶをつくる結び方。
ロープを握ったときの滑り止めになる。
高所への昇り降り、物を結んで引き上げるとき、子供の遊具など多用途に使用できる。

止め結びのほか、8の字結び仲士結びでも出来る。
結び目を等間隔につくるのがポイント。
重ねていく輪が小さすぎると、結び目が引き出しにくく作業しづらくなるので注意。
(解説は短いロープを使用しています。)

 



 ロープの端を持ち一度ひねって輪をつくる。

 このとき、ロープの上下に注意する。



 同じ要領でどんどん輪をつくり、重ねていく。





 ロープの終わり近くまで重ねたら、端をすべ
 ての輪に通す。




 輪に通したら、端を持ってゆっくりと引き出
 す。




 引き出すと結び目が出てくるので、引いて形
 を整える。




 つぎつぎに引き出し、結び目が等間隔にな
 るよう、結び目で調節する。




 結び目でロープを折り返すと、間隔がつか
 みやすい。




 結び目が手がかりとなり、物
 を引っぱり上げるときに力が
 入りやすい。

 バケツなどの上げ下げは、も
 やい結びで結ぶと便利。





連続止め結びと同じく、ロープに等間隔にこぶをつくる結び。
止め結びよりも、こぶが大きくなる。

重ねる輪をあまり小さくすると、結び目が引き出しにくくなるので注意。
太いロープを使うときは、地面に置いて作業するとやりやすい。
(解説は短いロープを使用しています。)

 



 ロープの端を持ち一度ひねって輪をつくる。

 このとき、ロープの上下に注意する。



 もうひとひねりして、輪を重ねていく。





 写真の矢印の部分に余裕を持たせておく
 と、作業がし易い。




 ロープの終い近くまで重ねたら、端をすべて
 の輪に通す。




 端をゆっくりと引き出しながら、結び目が等
 間隔になるように調整していく。





 結び目をすべて引き出して完成。


結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!