エダスとモトスの接続


8の字結びを使った簡単なエダスの出し方です。

エダスにあらかじめ針を結んで長めにカットしておいて、モトスと結ぶときに出したい長さに調整します。

慣れると、ほぼ正確な長さにエダスを出すことができます。

 




 モトスとハリスを並べ、一緒に8の字
 結びにする






 結び目を締めたら、ハーフヒッチ
 (ひと結び)をかける

 反対側の糸の余りをカットして完成



ヨリチチワの根元をカットして、エダスにする方法です。

ヨリチチワを大きめに作り、一方の根元でカットして、先端に針を結びます。

針を後で結ぶので、エダスになる部分は長めに取るようにします。

ヨリチチワにエダスをクリンチ・ノットで結んでもよいでしょう。

 





 ヨリチチワの根元の1本を
 カットする




主にエダスを接続するときに使用します。

チチワの大きさは、5ミリぐらいにするのが普通です。

チチワの根元をカットして、そのままエダスにする方法もあります。

 




 輪を一つつくり、Aの部分を矢印のよ
 うに4〜5回巻きつける






 巻きつけたらAの部分を持ち上げ、B
 の部分をAの輪に通す







 糸の左右と、Bの部分を引いて結び
 目を締める





投げ釣りでキスなどを狙う時に使う、多点針仕掛けを作るときに使います。

モトス=道糸に接続するハリス、元になるハリス
エダス=モトスに取り付ける、短いハリス

◎エダスの長さを一定にしやすい出し方です。

注.はじめに針を取り付けておきます。モトスに結び目をつくるので、長めに取りましょう。




 




モトスを図のように交差させて、輪をつくる






つくった輪を右に180度ねじり、2つ輪をつくる




上の輪をモトスにかぶせて、Aの部分をモトスにくぐらせる







くぐらせたAの部分を引き上げると下の図のような輪ができる














エダスとなるハリスの端に、8の字結びでコブをつくっておく






先ほどの輪にエダスを通して、モトスを左右に引き結び目を締める



 

      釣り糸で行った写真です。


記事検索
結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!