ラインとラインの結び方


ライン同士を接続する結び。
モトスと先糸の接続が必要な投げ釣り用の仕掛けから、ショックリーダーとの接続まで使用できる、簡単だが強度もある人気のノットです。

 


 リーダーと本線を重ね合わせる。





 重ね合わせた真ん中を持ち、反時計回りに
 3回ひねる。




 ひねった輪の裏側(矢印の方向)から、リー
 ダーと本線の先端を一緒に通す。




 結び目を整えながら、各ラインを引き締め
 る。




 ラインの余りをカットして完成。


ライン同士を接続する結び。

リールのスプールに下巻きをした時や、投げ釣りに使う「力糸」など、ライン同士の結びに使用します。

PEラインとショックリーダーを結ぶもっとも簡単な結び方としても紹介されていますが、「摩擦系」ノットの中ではあまり強くはないので、ルアーフィッシング初心者や、小物に的を絞った釣りにおすすめです。

 





 2本の糸を写真のように並べ、折り
 返して輪をつくる





 糸の端を輪に通し、2本の糸に5〜
 6回巻きつける






 糸の先端を引いて結び目を締めた
 ら、反対側も同じように巻きつけ
 て結び目をつくる






 両方の本線(端でない方)を引き、
 結び目をくっつけて余りをカットし
 て完成


8の字結びは、ラインにコブをつくり、エダスの抜け止めなどに使用します。

モトスとハリスを一緒に結んで、そのままハリスにする方法もあります。

032


033

 2つ輪をつくり、最初の輪に糸の先
 端を通す

035

 糸が交差する部分の上下に注意





ライン同士を接続する結び。

 





 ラインを二本並べる






 片方のラインに4〜5回巻きつけ、
 真ん中のラインとラインの間を通
 す(巻きつける方向に注意)





 反対側も同様に巻きつけ、先ほどと
 は逆方向にラインの先端を出し、矢
 印のように引き締める





 余った糸をカットして完成





サルカン(ヨリモドシ)や、リールのスプールへラインを接続する時の結びです。

結びやすい基本的な結びです。

 




 ヨリモドシのカンに糸を通し、二つ折
 りの状態にする






 糸の先端を折り返し、輪をつくるよう
 に再び折り曲げる






 輪の中へ糸を通しながら、3〜4回
 絡める






 糸の先端を強く引き締めた後、本線
 を引いてヨリモドシにくっつける




記事検索
結び方を頭文字でさがす⇒


◎遊ぶ!使える!◎

投げ縄
ローピング=投げ縄はロデオ競技に使われる、カウボーイを象徴するアイテム!


もやい結び
「キング・オブ・ノット」の異名を持つ、世界中で最も親しまれている結び
船の係留(もやう)するときに使われるが、用途は幅広い

DSC_0046
自在結び(張り綱結び)
張ったロープのテンションが調節できる、アウトドアで活躍するロープワーク
 ◎覚えたい基本の結び◎



ふた結び
ロープの一端を木などに結びつける、簡単で緩みにくい結び


巻き結び
物を束ねて縛る時にも使える、実用的な結び


本結び
2本のロープをつなぎ合わせたり、荷物をしばる時にも重宝する
別名「かた結び」「こま結び」


一重継ぎ
太さが違うロープをつなぐ時に使う、本結びより確実な結び方
QRコード
QRコード
■ 管理人 heero ■
ロープの結び方と釣り糸の結び方を、随時更新していく予定です。

その他、フィッシングやキャンプの便利情報なども、コラム形式で発信していきたいと思います。

よろしくです!!